風俗嬢にうける服装

風俗店に行くときの服装は基本的にデートする場合の服装で充分です。
服装の役割は2種類あり(1)風俗嬢にもてるため(2)自分に自信を持つためです。
風俗嬢が最初にあなたのどこをみるかというと<全体の雰囲気>です。
女性は風俗嬢に限らずに案外髪型や服装を見ているのです。
今回は【風俗嬢にうける服装】について説明しましょう。

清潔感のある服装

汚れている服やよれている服は絶対駄目!
おすすめはジャケットとチノパンなどを会わせたジャケパンスタイルです。

ジャケットにTシャツやシャツを合わせれば誰でも綺麗な感じがでます。
どういったジャンルの風俗嬢にも対応できるでしょう。
ジャケットを1着購入しておけば重宝しますよ。

体型に合わせた色の服装をすること

太目の男性ならば白は避けてください。
グレー・ホワイト・暖色系の色は膨張色ですから太さが強調されます。
可能な限りブラック系の服装をすれば細く見えます。

太っていない男性ならば、白系・黒系のモノトーンをベースに考えるといいです。
白・黒を嫌うような風俗嬢は少ないです。
平均的に無難な線がいいでしょう。
赤・ピンク・グレーなども風俗嬢に好まれます。

サイズ感に注意すること

自分のサイズにあっていない服装はダサくて風俗嬢にはモテません。
高価な服でもサイズ感があってなければ万事休す。
男性以上に女性はこういったところウオッチしています。

デザインはシンプルなものを選ぶこと

ギャル系の風俗嬢にモテたいならばギャル男の派手目ファッションでもいいでしょう。
ですが一般的にはシンプルなファッションの方が風俗嬢にはウケがいいです。

金銭的にゆとりがあればブランド物がいいでしょう。
現実的にブランドファッションの方がお金があると思われてモテモテになります。
お金がないならば安くてお洒落な服で勝負するしかありません。

まとめ

社会人で服装に迷うならばスーツでお洒落を演出するのもいいでしょう。
スーツは大抵の女性にウケますし、仕事のできる男性というイメージもあります。
風俗嬢はキチンと仕事をしているアダルトな男性に引かれます。
そういった意味ではスーツは打って付けの服装です。
風俗嬢にモテル秘訣は清潔感とサイズ選びを間違わないことです。

こちらの記事も読まれてみます

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ